岡山連携中枢都市圏移住情報公式サイトGYOSANおかやま

和気町

のどかな田舎暮らしと便利さが同時にかなえられる
「ちょうどいい」規模のまち。

 岡山県南東部に位置し、兵庫県との県境にほど近い、人口約1万4500人の小さなまち。JR山陽線(JR和気駅)と山陽自動車道(和気IC)が通っているので交通アクセスもよく、岡山市中心部へは電車で約30分、車で約50分の距離。山と川に恵まれたおおらかな自然環境の中で、ほどよい田舎暮らしと日常生活の利便性が享受でき、「ちょうどいい」暮らしができる。また「教育のまち」を目指し、英語特区の導入や無料公営塾の運営などを行っている。さらに、高校卒業までの医療費が無料、幼稚園使用料(預かり保育を含む)が無料など、子育て支援も充実。お試し住宅の整備や移住推進員が常駐するなど、移住希望者に寄り添ったきめ細かい移住支援を行っている。

ここが特徴!

無料公営塾、英語特区など教育環境が充実

グローバルな人材を地域で育てるため、英語特区の導入やオンライン英会話の実施のほか、保育園・幼稚園へのALT(外国人英語指導助手)の配置や無料公営塾の開講など、「教育のまち」を目指して多彩な取組を行っています。

幼稚園使用料無料、高校まで医療費無料など子育て支援が充実

町内の幼稚園使用料と預かり保育料を無料化。保育料は、現行の基準額から最大6,200円減免しています。また、子どもが高校を卒業するまで、医療費の自己負担分を全額助成するなど、子育て支援が充実しています。

お試し住宅、短期滞在費補助金制度、自動車の無料貸出など移住支援が充実

お試し住宅、短期滞在費補助金制度、自動車の無料貸出など移住支援が充実しています。また、東京からの移住者が移住相談員として常駐し、町内の下見に同行するなど移住希望者目線のきめ細かいサポートを行っています。

JR和気駅、山陽自動車道和気ICがあり、交通アクセスが抜群

JR和気駅、山陽自動車道和気ICがあり、交通アクセスが抜群

便利さを享受しながらのどかな田舎暮らしもかなう、子育て世代に最適なまち

和気町は、山と川に恵まれた自然豊かな町です。ほどよい田舎暮らしと日常生活の利便性を享受し、「ちょうどいい」暮らしができる町です。

SUPPORT

  • 移住者による町内案内 移住推進員が相談内容に応じて町内を車で案内します。先輩移住者のご紹介や物件探しのお手伝いなど細やかにサポートを行っています。
  • 短期滞在費補助金 町内への移住を目的として住居や仕事を探すなどの活動を行うため滞在する方に対して、滞在費の一部を助成しています。
  • 自動車無料貸出 和気町への移住活動を支援するため、無料で自動車を貸し出します。
  • お試し住宅 県外から町内への移住を検討中の方に、和気町での暮らしを体験したり、仕事や家探しができるように、お試し住宅を3軒ご用意しています。
  • 高校卒業まで医療費無料 お子さまが高校を卒業するまで、自己負担医療費を全額助成します。
  • 幼稚園無料 町内の幼稚園使用料と預かり保育が無料となります。
  • 空き家改修補助金 和気町への移住促進及び空き家の有効活用を目的として、町内の空き家を改修して移住を希望する方を対象に、その費用の一部を助成します。
  • 住宅ローンの金利優遇 【フラット35】子育て支援型・地域活性化型で借入金利を一定期間引き下げる制度を実施中。
  • 固定資産税の減免制度 家屋に対する固定資産税の減額制度です。

DATA

人口
13,980人(男性6,704人、女性7,276人)
世帯数 6,347世帯 (令和2年4月現在)
主な産業
製造業、農業、医療・福祉、飲食店など
特産品
なす、ねぎ、米、ぶどう、りんご、スモモ
名所・観光スポット
和気鵜飼谷温泉、和気神社、藤公園、岡山県自然保護センター、片鉄ロマン街道(サイクリングロード)、和気アルプス道(登山)、三保高原スポーツ&リゾート
主なイベント
  • 藤まつり(ゴールデンウィーク)
  • 和文字焼きまつり(8月16日)
  • りんご祭り(9月)
  • タンチョウフェスタ(10月)
  • ふるさとまつり(11月)
市役所・役場までのアクセス

■JR岡山駅から
JR山陽本線で約30分、JR和気駅下車後、徒歩で5分

■岡山空港から
車で約1時間

■大阪から車で
約2時間(高速道路利用)

買い物
  • 大型スーパー 2店舗
  • コンビニエンスストア 5店舖
  • ホームセンター 2店舖
  • ドラッグストア 2店舖
医療
  • 大型病院 2院
  • 診療所 6院
  • 歯科医院 5院
学校
  • 保育園 3園
  • 幼稚園 3園
  • 小学校 3校
  • 中学校 2校
  • 高等学校 1校