岡山連携中枢都市圏移住相談会開催!1月13日(土)in東京!

岡山連携中枢都市圏移住情報公式サイトGYOSANおかやま

真庭市

豊富な森林資源を活かした最新の循環システムを導入。
理想的な里山暮らしを実現。

 県北・中国山地の中央にあり、鳥取県との境に接し、南北に約55km、東西に約30kmと県内で最も広い面積を持つ。南北に長いため市内でも気候が大きく違い、南部の高原地帯は内陸性気候で、北部の山間部は冬の冷え込みが厳しく、雪深い地域もある。森林面積が約80%を占めているため木材産業が盛んで、バイオマス発電や木質ペレットなど森林資源を活用した自然エネルギーを全国に先駆けて導入。環境循環の仕組みや暮らしを地域全体で取り組んでおり、それが地元の雇用にもつながって多彩な仕事が選べることも魅力だ。また蒜山(ひるぜん)高原や湯原(ゆばら)温泉など県内でも有数の観光地があり、3本の自動車道の5つのICを有し、観光産業も発展。蛍が自生する水流にも恵まれ、市内に3つの酒蔵とワイナリーがある。

ここが特徴!

『里山資本主義』の舞台の地

藻谷浩介氏の著書『里山資本主義』の舞台となった土地です。バイオマス発電所や木質ペレットなどを全国で先駆けて導入しています。

地震や台風などが少なく安全・安心

震度4以上の地震や台風の災害はほとんどなく安全で安心です。

創業支援や就農支援が充実

補助金や創業塾をはじめとする創業支援や、塾や研修、奨励金などの制度がある就農支援など、仕事に関する支援制度が充実しています。

切れ目のない子育て支援

不妊治療や不育治療への助成、妊婦・乳幼児健診、病児保育、中学校卒業までの医療費は無料など、切れ目のない子育て支援策を実施しています。

手厚い住居支援

中古住宅取得・改修補助金、新築木造住宅助成、木材バイオマス利用助成、空き家情報バンクなど、手厚い住居支援制度があります。

SUPPORT

  • 空き家紹介 空き家情報バンクで市内の空き家を紹介しています。随時、新規物件を掘り起こし中です。
  • 住宅取得補助 真庭市内の空き家を購入された移住者の方に購入費用の1/3以内で最大100万円を補助します。
  • リフォーム補助 真庭市内の空き家を改修する方に、改修費用の1/4以内で最大100万円を補助します。
  • 就農体験研修 トマト、ぶどうの栽培で就農を希望する方を対象に1日~3日の短期研修参加者を募集。
  • 就農奨励金 新たに就農し農業経営を専業で続けていく39歳未満の方に1人5,000円を支給。
  • お試し住宅 真庭市へ移住を検討している方に真庭を体感してもらうため、市内5か所でお試し住宅を提供しています。
  • 下見ツアー・現地案内 移住相談者の希望に合わせてプラン設計を行い、現地案内を行っています。

DATA

人口
46,124人(男21,855人、女24,269人)
世帯数 16,084世帯 (H27国勢調査)
主な産業
農業、林業、観光など
特産品
ジャージー乳製品、蒜山大根、そば製品、ピオーネ、地酒、やまぶどう製品、羊羹、代官梨、富原のお茶、深山のかおり、青大豆製品、勝山竹細工、ひるぜんがま細工、ヒメノモチ、ひるぜん焼きそば、郷原漆器など
名所・観光スポット
蒜山高原、塩釜の冷泉、津黒いきものふれあいの里、湯原温泉郷(湯原温泉、下湯原温泉、足温泉、真賀温泉、郷緑温泉)、クリエイト菅谷、美甘渓谷、神庭の滝、勝山町並み保存地区、旧遷喬尋常小学校、醍醐桜、北房ほたる公園、コスモス広場など
主なイベント
  • ひるぜん雪恋まつり(2月)
  • 北房ぶり市(2月)
  • 勝山のお雛まつり(3月)
  • 6.26露天風呂の日(6月)
  • 落合花火、美甘夏祭(7月)
  • はんざき祭り、大宮踊り(8月)
  • 海の市、山の市真庭(9月)
  • 地域の祭り(勝山、久世、落合等)(10月)
  • 蒜山高原マラソン全国大会(10月)
市役所・役場までのアクセス

■JR岡山駅から
車で約1時間20分

■岡山空港から
車で約1時間

■大阪から車で
約2時間30分(高速道路利用)

買い物
  • 大型スーパー 14店舗
  • コンビニエンスストア 16店舗
医療
  • 病院 8院
  • 診療所 27院
  • 歯科医院 21院
学校
  • 小学校 25校
  • 中学校 6校